ベガルタ仙台のエンブレムを紹介!

ベガルタ仙台は、日本の宮城県仙台市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

【名前の由来】

仙台の風物詩である「七夕まつり」は、天の川の織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度しかない会うことができるという伝説から生まれました。中国での牽牛(日本語では彦星)と織女(日本語では織姫)と同じです。織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)、この二つの星を組み合わせて、ベガルタの名前を誕生しました。さらに、二つの星の合体名「ベガルタ」は、「県民・市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いが込められています。

【エンブレムの紹介】

エンブレムの基調はベガルタ・ゴールドで、中央には「勝利をもたらす鷲」をデザインし、彦星の属する「わし座」に由来しています。鋭いまなざしを天空に向けています。サポーターとチームの情熱が一体になり、「炎の流星群」となる姿をイメージしています。「VEGALTA」であるロゴは、頭文字の「V」が勝利の意味を象徴しています。

チームカラーはゴールド、ブルーで、ベガルタ仙台 ユニフォームは常に採用します。

ベガルタ仙台のマスコットキャラクター

ベガルタ仙台のマスコットキャラクターであるベガッ太は、Jリーグ・ベガルタ仙台のマスコットキャラクターです。1999年5月2日に宮城県仙台市で生まれたマスコットです。二メートル、120キロの巨躯を擁する男性ですよ。血液型は勝利のV型です。日向ぼっこ、釣り、料理、ショッピングに興味を持っています。好きな選手はベガルタ仙台の選手全員、千葉直樹です。愛らしい外見とは裏腹のふてぶてしい性格といたずらっ子キャラとして知られました。

ベガッ太は、ギリシア神話で「勝利をもたらす」を象徴していた鷲で、クラブエンブレムにも用いられているものです。ベガルタ仙台が地域の誇りや夢となり皆さんに愛される「星」になれ!Jリーグのマスコットの中では珍しい英雄です。

ベガッ太さんはゴールドのユニフォームを着用し、サッカーをプレーし、速やかに前へ進んで、情熱を溢れて未来を迎えることを表します。