ベガルタ仙台のエンブレムを紹介!

ベガルタ仙台は、日本の宮城県仙台市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

【名前の由来】

仙台の風物詩である「七夕まつり」は、天の川の織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度しかない会うことができるという伝説から生まれました。中国での牽牛(日本語では彦星)と織女(日本語では織姫)と同じです。織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)、この二つの星を組み合わせて、ベガルタの名前を誕生しました。さらに、二つの星の合体名「ベガルタ」は、「県民・市民と融合し、ともに夢を実現する」という願いが込められています。

【エンブレムの紹介】

エンブレムの基調はベガルタ・ゴールドで、中央には「勝利をもたらす鷲」をデザインし、彦星の属する「わし座」に由来しています。鋭いまなざしを天空に向けています。サポーターとチームの情熱が一体になり、「炎の流星群」となる姿をイメージしています。「VEGALTA」であるロゴは、頭文字の「V」が勝利の意味を象徴しています。

チームカラーはゴールド、ブルーで、ベガルタ仙台 ユニフォームは常に採用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です